『初めて妊娠線』は本気で消したい人向け

妊娠線を本気で消す人向け

『初めて妊娠線』ではクリームやレーザーで自宅や病院で消す方法について解説をしています。
このサイトでは本気で消したい人向けとなっているので、予防をしたい人や即効性を求める人には向いていません。

そもそも、妊娠線にはレーザーのような高額な治療費がかかったとしても、即効性のある消し方はありません。
そのため、安い方法を探していたりお手軽な消し方を探している人はクリームなどを使っています。

一生お尻やお腹や太ももや胸に妊娠線が残ってしまうのは嫌だ!
きちんとケアをしてだんだんと薄くしていきたい!

こういった人へ向けて、妊娠線の原因から消す方法まで詳しく解説しています。
自宅でクリームや薬を使った方法から美容皮膚科でのレーザーやガスの治療費まで全てご紹介しています。

妊娠線を消すクリーム!予防ではなくアフターケアを使う

アフターケアの妊娠線クリームを使う

妊娠線ができた人はアフターケア目的のクリームを使うようにしましょう。
あなたがすでに妊娠線がお尻やお腹にできているなら、下記のどちらかなはずです。

  1. 予防目的に妊娠線クリームを使っていた
  2. 保湿目的のボディクリームを使っていた
  3. 何のケアもしていない

最初からアフターケアを行っていた人はいないはずです。

妊娠線ができた人向けのクリームが通販などで市販がされています。
ケアの方向を予防からアフターケアに切り替えていくようにしましょう。

もちろん、今までのクリームだと効果がないかと言うとそうではありません。肌の基本は保湿にあるので、きちんとすでに出来た人にでも効き目は当然のことながらあります。

ただ、妊娠線は簡単に消える訳でも即効性のある方法がある訳ではありません。後々失敗をして後悔をする前にすでに妊娠線ができた人向けのクリームを使うのがおすすめです。

妊娠線を消す方法!クリーム・薬・レーザー・ガスのどれか

4つの妊娠線を消す方法

妊娠線を消す方法としては4種類があります。

  1. アフターケアクリームを使う
  2. 市販の薬を使う
  3. レーザーでの治療
  4. 炭酸ガスの注射

厳密にいえばクリームや薬でのケアは全ての人に当てはまる方法です。そのため、病院でレーザーや炭酸ガスによる手術をしたとしても、自宅ではケアが必要となってきます。

そのため、クリームや薬で妊娠線を消す方法に加えて、病院でも治療をするのも増やすかになるのですね。

自宅で妊娠線を消す方法!クリームを使ったアフターケア

安くて手間がかからないので、多くの人が選ぶのが自宅で妊娠線を消す方法です。
専用の薬ってのはないので、ほとんどの人はクリームを使ってケアをしています。

ただ、人によっては使うクリームは異なってきます。

・予防目的に使っていたのをそのまま利用する
・ドラッグストアの市販のボディクリームを使う
・アフターケアクリームを使う

毎日、クリームを使ってボディケアをしていくだけなので、手間はかからないですし、高額な治療費の心配をする必要はありません。
ただ、本気で消したいのであれば、きちんとアフターケア用のを使うようにしましょう。

妊娠線は即効性の方法がないことからも分かるように、簡単には消えないです。
実際に予防目的に使っていたクリームやボディクリームを使っている人の口コミで消えないってのも良く見かけます。

調べて目的にあったのを利用するようにしましょう。

病院で妊娠線を消す方法!レーザーやガスで手術による治療

美容皮膚科で行われているのがレーザーやガスを使った治療です。
共通しているのが健康保険は使えず、高額な治療費がかかる点です。

1回の治療費であれば2万円から3万円で出来たりもします。
しかし、1度の治療で効果がある訳ではなく、複数回の治療が必要なので、総額だと10万円や20万円してしまうこともめずらしくありません。

・クリームを使っても消えなかった人。
・専門家と相談しながら安心して消したい
・治療費が全く気にならない人

これらに当てはまる人であれば、自宅で消す方法に合わせてレーザーでの治療がおすすめです。

クリームと言ってもあくまでケアであり、最先端の医療技術である訳ではありません。
人によって生活習慣の乱れなどの原因から、肌に悪い影響を与えていれば、効き目を実感することはできません。

そのため、アフターケアクリームを使ったとしても、全ての人が満足できる効果がある訳ではないのですね。

自宅と病院で消す方法の比較!治療費や副作用について

自宅と病院のどちらで消す方法が良い?

自宅と病院で消す方法について治療費や副作用の面で、比較しやすいようにしました。
比較したのは1か月の治療費用や値段です。。

・アフターケアクリーム・・・1か月で3,000円から7,000円
・保湿目的のボディクリーム・・・500円から1,000円
・レーザーによる手術費用・・・2万円から4万円
・炭酸ガスの治療費費用・・・2万円から4万円

どの方法にしろ共通してどんなに早くても3か月から半年ぐらいの期間が必要となります。
また、病院で消す方法を1回だけ試してみても効果を実感できず、複数回が必要となります。

この中でも副作用があることで知られるのがレーザーによる治療です。
熱によって改善をしていくので、火傷やその跡が残るなどの副作用の可能性があります。

クリームは安い消す方法やお手軽な方法を探している人におすすめ

安い消す方法を探している人におすすめがクリームでの自宅ケアです。
まずはアフターケアクリームを使ってケアをしてみる。

でも、3か月使ってみても効き目を実感できなかったら、レーザーでの治療を検討してみるようにすれば良いかと思います。

妊娠線ができた人の多くはまずは自宅でのケアから始めます。
そして、どうしても消えないってなったら、レーザーを検討する人が多いです。

ただ、知らずに予防したい時から使っているのを使い続けたり、保湿クリームを使っている人もいます。
きちんとアフターケアクリームを使ってから判断をしましょう。

レーザーやガスは高額な治療費が払える人や妊娠線が消えない人におすすめ

高額な治療費が気にならないって人であれば、レーザーや炭酸ガスがおすすめです。
特に炭酸ガスは注射の痛みなどはありますが、火傷などの副作用の心配をする必要はありません。

美容皮膚科であれば、妊娠線用のクリームを取り扱いしていることも多いです。

そのため、最初から医師に相談をしながら自宅でのケアも同時に進めることができます。
また、自宅でケアを継続していても消えなかった人であれば、どの部分を改善した方が良いのかも相談ができます。

治療費は高いですが専門家に相談しながらの治療となるので、安心して行うことができます。
ただ、評判の悪い美容クリニックなどもあるので口コミなどを参考にするようにしてください。

妊娠線の原因!体系の変化で白い線や赤い線の症状

妊娠線の原因は皮膚が切れる

妊娠線の原因は皮膚が切れてしまい、その切れ目が見えてしまうことです。

妊娠をすることで赤ちゃんがお腹の中で成長をするので、大きくなり張った状態となります。しかし、皮膚の中でも真皮と呼ばれる細胞はすぐに成長をすることはありません。

そのため、張った状態に耐えることができなくて、切れてしまうことが原因となるのが妊娠線なのですね。
他にもお尻や太ももや胸や背中など全身でも妊娠線はできます。

初期症状としては皮膚が炎症をしていたりするので、赤い線や紫の線として見えてきます。
しかし、だんだんと鎮まることで白い線へと変化をしていきます。

妊娠線は肉割れや脂肪線やデブ線やストレッチマークと呼ばれます。これらは呼び方は異なりますが、どれも原因も症状も同じとなっています。

ただ、妊娠や太ったりなど細かい原因の部分が異なってきます。

妊婦でない人でも発症をする!男性でも妊娠線はできる

妊娠線は妊婦でない人でも発症をする人がいます。
これはあくまで妊娠をすることが原因となりやすいだけであって、赤ちゃんが成長をすることが根本ではないからです。

根本的な原因となっているのは皮膚が切れてしまっていることです。

ただ、妊娠をすれば誰もがお腹が大きくなったり、ホルモンバランスや生活習慣の乱れから、肌のコンディションは悪くなります。そのため、皮膚が切れてしまうことが多いので、妊娠線と呼ばれているにすぎません。

妊娠をしていない妊婦じゃない人でも男性でも発症をすることがあるのですね。

痩せている人や太っている人にできる!脂肪や筋肉による体系の変化が原因

妊娠線ができる原因は妊娠だけが原因ではありません。

  • 痩せているのに妊娠線ができた
  • 太ったら白い線ができた
  • 筋トレをしていたら妊娠線がある
  • 成長期の中学生や高校生が気づいたらできている

根本は皮膚が成長する速度が遅くて体系の変化についていけない為に切れることです。

そのため、脂肪や筋肉の増加によっても妊娠線ができる原因となってしまうのですね。特に肌が乾燥をすると弾力が失われてしまうので、おきやすくなってきます。

成長期の学生であれば体系が急激に変化をしますし、20代の女性はストレスや運動不足や食生活などの生活習慣の悪化から、肌が乾燥をしやすいです。

また、日常的に高いヒールを履いているなどの人は太ももや膝裏の筋肉を必要以上に使ってしまうのが原因となることもあります。

妊娠線は完全に治らない!消えたように薄くする為にケアをする

まず、最初に知っておいて欲しいのが妊娠線をは治らないって点です。
ただ、産後には妊娠線が消えたり薄くなったりします。

妊娠線の原因は真皮と呼ばれる皮膚細胞やコラーゲン繊維が切れることで、白い線や赤い線ができる症状のことです。この真皮に関しては新しく細胞が作られないので、完全に治るようなことはありません。

もし治るような情報を目にしたのなら間違っていますし、きっと短期間で消えたなんて魅力的なことが書かれていたのではないでしょうか?

妊娠線ができたばかりは紫や赤い線になっており、だんだんと白い線へと変わり薄くなります。
その後もきちんとケアや時間がたつことで消えたり目立たなくなったりしていきます。

ようするに切れた部分である真皮はふさがらないので治りはしないですが、きちんとケアをすることで薄くすることができるのですね。
そのため、見た目では消える人もいますが、多くは目立たなくても薄く残っている人が大半です。

最近の記事

  1. 予防しても半数の人に妊娠線はできる
PAGE TOP