妊娠線の予防ケア

男性なのにできた妊娠線のケア!男の妊娠線の原因から消す方法まで解説

更新日:

たとえ男性であろうと妊娠線は発症をすることがあります。
それには妊娠線の原因は皮膚が切れたことであって、妊娠をしたからではないためです。

主に男性でお腹やお尻や太股などにできてしまう線のことを肉割れと呼ぶことが多いです。
ただ、妊娠線と肉割れは同じ症状であって、原因は太った脂肪や筋トレによる筋肉なのか、妊娠による胎児の成長なのかによって、呼ばれ方が変わることが多いです。

しかし、どちらの症状に関しても原因は同じ皮膚が切れたことであり、消す為のケアの仕方についても同様のことです。

ここでは男性なんおに妊娠線ができる原因から消す為のケアの仕方について解説をしていきますのでご覧ください。

男性の妊娠線の原因は太ることが多い

男性の妊娠線の原因としては太ることが多いです。
特に20代以降の男性だと仕事による生活習慣の変化によって、脂肪が増加をし太ってしまうことが原因となりやすいです。

外食や飲み会などの食生活に加え、生活習慣である寝不足やストレスによって、脂肪は増加をしていきます。皮膚の成長を上回る速度で脂肪が増加をしてしまえば、内側の皮膚が引っ張られた状態になり、最終的には切れてしまいます。

そのため、妊娠線ができてしまう原因となるのですね。

女性の多くは赤ちゃんの成長によって、お腹が膨らんでいきますが、男性の場合は脂肪の増加が原因によって、お尻や太股や背中などに妊娠線ができる原因となってしまいます。

男性は筋トレによる筋肉の増加が原因になることもある

男性の場合だと脂肪の増加だけではなく、筋肉の増加が原因となる人もいます。

筋トレをすることによって筋肉は付きますが、負荷の高いダンベルやバーベルなどで運動をすることで、急激に筋肉は増加をしてしまいます。そのため、妊娠線ができる原因となるのですね。

女性が有酸素運動や筋トレなどでバランスよく肉体改造をするのに比べ、男性だとダンベルを使って上半身や筋トレのみで肉体改造をする人が多いです。

女性でも同じように筋トレが原因で妊娠線ができますが、男性は特に筋トレにたよりがちになるので気お付けましょう。

男性の妊娠線を消すためのケアの仕方

たとえ男性だからと言って、基本的な妊娠線のケアの仕方に変わりがある訳ではありません。
20代のできた妊娠線を消す方法で解説をしているのと同様に、クリームやレーザーや炭酸ガスでのケアが必要となります。

ただ、男性の多くだと美容皮膚科へ行って高額な治療費を払ってまでと考える人は少なく、ほとんどはクリームを使って自宅でケアを行っていきます。

妊娠線や肉割れのクリームで販売がされているので、毎日かかさずケアをするようにしてください。
ただ、予防目的で使う人用のもあるので、すでに出来た人向けのアフターケア用を選ぶようにしましょう。

価格で5000円ぐらいから販売がされていて、化粧品を購入したことがない男性だと、少し高いと感じる人も多いかと思います。
ただ、別名でデブ線と呼ばれたりもし、個人的にはずっとそのままでいるよりは、しっかりとケアをするのがおすすめです。

クリームはどれぐらい使い続けた方が良い?

男性だとあまり化粧品を使ったことがないので、妊娠線のケアとしてクリームを使い続ける期間なども気になることが多いのではないかと思います。
特にすぐに効果が実感できると勘違いをしている人は多いです。

妊娠線は内側の皮膚が切れることが原因となりますが、角質層の奥にある真皮と呼ばれる細胞まで切れてしまいます。しかし、この細胞は新しく作られることがないので、引っ付くこともなければ、治るようなこともありません。

そのため、クリームを使ってケアをする目的はそのほかの皮膚の細胞である角質層などのケアをしていくためです。

肌の生まれ変わりの周期は1か月から3か月と言われていたりします。
そのため、まずは最低でも3か月はクリームでケアをし続けるつもりでいた方が良いです。

即効性のある方法は妊娠線には存在をしないので、変なうたい文句などに騙されないように気負付けてください。
症状によっては満足することができなくて、1年とケアをしている人もいます。

消したい人向けはどんなクリームで妊娠線ケアをすれば良い?

-妊娠線の予防ケア

Copyright© 20代のできた妊娠線を消す方法!クリームやレーザーで薄く-初めて妊娠線 , 2018 All Rights Reserved.