妊娠線消すクリーム

妊娠線がかゆい!産後や妊娠中のかゆみを抑えるケアや市販薬

更新日:

妊娠線ができるとかゆみを感じることがあります。
それも痒すぎてつらいぐらいの症状になってしまうことがあります。

この原因は妊娠線ができたことにより、皮膚が炎症をしていたり、妊娠中や産後は肌が乾燥をしやすいのが関係をしています。
しかし、かゆいからと書き続けていると肌へ刺激を与えたり、バリア機能の低下によって更にひどいかゆみになったり、妊娠線がひどくなる可能性も少なからずあります。

妊娠線がかゆいのであれば、しっかりとかゆみを抑える為にケアをするようにしましょう。

妊娠線がかゆい原因からかゆみを抑える為のケアまで全てまとめて解説をしています。

妊娠線がかゆい原因は2種類

妊娠線がかゆい原因は2種類考えられます。

  1. 妊娠線ができたことによる肌の炎症
  2. 妊娠をしたことによる肌機能の低下

女性は妊娠をしてから産後の数か月間は女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。
また、運動不足やストレスなどの生活習慣の部分でも肌への悪影響がでてきます。

そのため、根本的に肌機能であるバリア機能が低下をして、かゆみを引き起こしている可能性があります。
それぞれの原因について詳しく解説していきます。

妊娠線によって肌が炎症をしてかゆい原因

妊娠線は内側の皮膚が切れることが原因となる症状です。

そのため、皮膚が切れたばかりに関しては炎症をしており、赤い線になっていることがあります。
(血管の血の色が透けているのが原因で色が赤いこともあります)

肌が炎症をするとかゆみを感じるようになるので、妊娠線の周辺がかゆみにお触れてしまう原因となっています。

だんだんと炎症をしていた肌も時間が立てば治まり、かゆみは引いてきます。
しかし、かいて刺激を与えると更に炎症をひどくしてひどいかゆみになるので、多少の我慢が必要となります。

妊娠をしたことによる肌機能の低下が原因でかゆい

妊娠をすると女性ホルモンのバランスの乱れや、生活習慣によって肌機能が低下をしやすいです。
その中でも肌が乾燥をすることでバリア機能と呼ばれる、刺激や雑菌から肌を守る役割が上手く働きません。

そのため、刺激が伝わりやすくなっています。
肌への刺激は炎症へとつながりもしますし、かゆみになったりもします。

妊娠線の付近だけでなく、肌全体がかゆいのであれば、このバリア機能の低下が原因となっています。
かゆいからと言ってかくと、更にバリア機能が低下をしてしまい、刺激も与えてしまいます。

そのため、同様に多少の我慢をすることも必要となります。

妊娠線のかゆみを抑えるケア

妊娠線のかゆみを抑えるケアとして必要なのは、原因の部分を解消することです。
そのうえで、かいて刺激を与えないようにすることが大切です。

妊娠線の2種類のかゆみの原因を紹介しましたが、両方が原因となっていることも多いです。
そのため、クリームなどを使ってケアをしつつ、刺激を与えないようにすることが大切です。

使われるクリームに関しては、今使用をしている妊娠線クリームで問題がありません。
もしも、まだ何もケアをしていないって人であれば、保湿クリームや妊娠線クリームを使うようにしてください。

肌の保湿をすることで、バリア機能を高め刺激から守る働きを回復させることができます。
また、かゆみがひどいようであれば、抗炎症作用のある薬などを使うようにしましょう。

妊娠線がかゆい時に使う薬の種類

妊娠線のかゆみを抑えるケアとして、薬局やドラッグストアで市販されている薬を使うのであれば、抗炎症作用のあるのを使うようにしましょう。

抗炎症作用のある薬として有名なのであれば、大塚製薬のオロナインh軟膏などがあります。
また、他にも様々な薬があるので、ドラッグストアの薬剤師の方や担当医の方に効くようにしましょう。

妊娠中は使えない薬の種類も多いので、使用の際には必ず添付書を確認するのを忘れないようにしてください。

かゆみのケアとして使うクリームは妊娠線のがおすすめ

ボディクリームであっても保湿ができるので、かゆみケアとしては有効です。
ただ、おすすめとしては妊娠線用のクリームを使うことです。

持っている人はそのまま使い続ければ問題ありません。
妊娠線クリームは肌の弾力を高める為に成分を考えて作られているので、特に保湿成分が重要になっています。

そのため、かゆみケアとして有効なクリームですし、妊娠線はできたからと言っても更に増えてしまうこともあります。

また、予防目的のを使っていたのであれば、できた人向けのアフターケア用のを使うのがおすすめとなります。
妊娠線ができたのですから、気持ちを切り替えて消す為にもアフターケアをするのが良いでしょう。

妊娠線のかゆみ対策としてのケアの基本としては、予防対策として行っていたクリームでの保湿と大きく変わりはありません。

妊娠線のアフターケアについては下記で解説しているのでご覧ください。
20代のできた妊娠線を消す方法!クリームやレーザーで薄く-初めて妊娠線

-妊娠線消すクリーム

Copyright© 20代のできた妊娠線を消す方法!クリームやレーザーで薄く-初めて妊娠線 , 2018 All Rights Reserved.