妊娠線にピーリングの効果と副作用

自宅で妊娠線を消す

妊娠線にピーリングの効果や副作用!自宅のホームピーリングの効き目

投稿日:

妊娠線ができた人のケアとして、ピーリングをすることがあります。
最近では自宅でホームピーリングができるように、様々なピーリング剤も販売がされています。

美容皮膚科でも販売が行われており、実際に病院でも妊娠線に使われているのですね。

ここでは妊娠線へのピーリングの効果と副作用について紹介をしていきます。
個人的にはホームピーリングに関しては、あまりおすすめすることはできないです。

効果があるのかも疑問がありますし、正統派のクリームなどでのケアだけで良いのではないかと思っています。

ピーリングの効果は角質の排出

そもそもピーリングとはどんな効果があるのか解説をします。
どんな作用があるのかが分からないと、なぜ使われるのかも理解することはできません。

ピーリングの効果とは古い皮膚の細胞である、角質を排出する働きがあります。

肌は常に新しい皮膚の細胞である表皮が作られていますが、古いのは排出をしています。

ピーリング剤には粒子が大きくて荒い物質が含まれているので、妊娠線のある場所に付けて擦ることで、角質を排出する効果があるのですね。

妊娠線は皮膚が切れた症状なので、直接的な効果がある訳ではありません。

妊娠線へ期待ができる効果!なぜ角質を除去するのか

なぜ妊娠線ができた人に角質の排出するピーリングを行うのかについて紹介します。

もともと角質と言うのは肌の働きによって排出がされています。
しかし、スキンケアができていないと、この働きも低下をしてしまい、付着をしたままとなってしまいます。

この角質が付着したままとなると、様々な肌に悪影響となる働きがあります。
そのため、ボディケアの方法のひとつとして、ピーリングをします。

ピーリングをすることで、肌に悪影響となっている角質を排出するのが、妊娠線への効果として期待ができるのですね。

妊娠線のある場所へのピーリングの副作用

妊娠線だけでなく、そもそものピーリングの副作用としては2種類あります。
肌への刺激と角質を除去しすぎてしまう点です。

ピーリングの副作用

  1. 肌に刺激を与える
  2. 角質を綺麗に除去してしまう

ピーリングで角質を除去する効果がある理由としては、粒子の大きい物質を肌に付けて、こするから落とすことができるのです。

そのため、肌へ刺激を与えてしまっていることにもなります。
また、角質があると肌に悪影響ではあるものの、全てを取り除くこともいけません。

角質によって外からの刺激を守るバリア機能の働きがあり、紫外線ダメージなどから守ってくれています。

そのため、副作用から逆に肌の状況を悪くしてしまうこともあるのですね。

妊娠線にホームピーリングはおすすめできない

妊娠線にピーリングをするのは個人的にはおすすめできません。
理由としては効果がどれだけあるのかと、副作用の2点あります。

そもそも妊娠線の原因は皮膚が切れることであり、完全に治すことができない症状です。

しかし、肌を構成しているのは新しく作られない真皮だけではなく、他にも表皮などあります。
そのため、妊娠線クリームなどを使いケアをしていきます。

ピーリングをすることで、角質を排出できるので、肌の状態をいい方向にもっていく効果は期待できます。
しかし、直接的な効果がある訳ではないけど、副作用がある方法でもあります。

そのため、妊娠線をホームピーリングして、ボディケアをするのはおすすめすることはできないです。
妊娠線のクリームを使ってケアをしていくのか、レーザーや炭酸ガスを使っていくのかの、どちらかがおすすめすることができます。

妊娠線にピーリングのまとめ

ピーリングの効果は角質を排出しますが、副作用として肌の乾燥やバリア機能の低下を招きます。

妊娠線のある場所に使ったとしても、直接的な効果が期待できる訳ではありません。
しかし、副作用によって肌の状態を更に悪くしてしまう可能性もあるのですね。

正統派であるクリームやレーザーや炭酸ガスでのケアのどれかがおすすめとなります。
なぜ、妊娠線にクリームを使ってケアをする人が多いのにも、理由があるからなのですね。

もしもあなたが、すでに出来た妊娠線を消したいと思うのであれば、下記の記事で解説しているのでご覧ください。

20代のできた妊娠線を消す方法!クリームやレーザーで薄く

-自宅で妊娠線を消す

Copyright© 20代のできた妊娠線を消す方法!クリームやレーザーで薄く-初めて妊娠線 , 2018 All Rights Reserved.